木糸土

オーダー家具・生活雑貨・小物のオリジナル製品作成|木糸土(mokushido)

木工体験教室

携帯ページ

HOME»  過去ブログ整理»  材料や工房のこと

東海道中 お宝!ケヤキの一枚板


 
これは、ケヤキの山です。すごくいい木!長さ11メートルあります。樹齢およそ250年のもだそうです。
めったにお目にかかれない宝のような材木です。1枚300万円くらいだとか。
お店のカウンターや、ご自宅用でもダイニング一式作るとかフルオーダーでこの木の味わいを存分に発揮できるところに行ってほしいですね。これほど目がつんでいい木なら、くるわないでしょう。すごいです。(2009.11.16)
























東海道中 材木調達


 
昨日は材木を買いに静岡へ行ってきました。
東海道は歴史が長いだけあって、道中いろいろおもしろいものがあり、 仕事とはいえ楽しんできました。
今日は、材木を買った時の様子をご紹介しましょう。
材木は、送ってもらうことのほうが多いのですが、作るものによって目で見て確かめて買う事もあるのです。
倉庫の中いっぱいに積まれた材木を見て回り、材料を選ぶとお兄さんが手際よくて手配をしてくれます。
いつもよくしていただき助かります。(2009.11.13)

























紫雲膏(しうんこう)


 
木工作業は切り傷がつきものです。切り傷にはいつも紫雲膏をつけます。肌を再生するもので、痛みが消え、傷口をすっかり直してくれます。

店主が20年くらい前、針治療の本に、火傷や切り傷の特効薬として紹介されているのを見て漢方薬局で買ったのが最初。その後その店の自家製の紫雲膏が有るのを知り、以後我家には欠かせない薬として常に常備しています。

私も、包丁で切ってしまうと、この紫雲膏をつけ、バンドエイドをはっておきます。まず、痛みが治まり、それだけでも作業ができるので助かるのですが、傷も早く治ります。
ただ、色が血のように赤黒いので、バンドエイドの上からも血がにじんでいるように見えるのが唯一の難点かなぁと思います。私はあまり気にしてませんが・・・

伊東で買っていたお店が閉店してしまい、今回はネットで探して買いました。
30gで1,050円、送料代引き手数料が別途かかりましたが、やはり大量生産品ではない自家製のほうが添加物や保存料などはいっておらず安心な気がするので、今後も自家製にこだわり買い続けると思います。今回知ったのですがアトピーにもよいそうです。(09.08.06)


トラブル発生


 
工房でブレイカーが何度もおちるので、どこかで漏電の疑いがあると1つ1つの機械を調べていくと、サンダーが焦げ臭い匂いを発しているのを発見。モーターが燃えた模様。

機械屋さんに問い合わせると新品はもうなく、モーターを巻き直すことになり、直すのに1週間ほどかかるということでした。サンダーは形をつくる上でかかせない機械で、業務に支障がでます。子供椅子もこの機械で形をつくるので業務が止まってしまいます。

木工業界の機械メーカーは業界自体の壊滅的状況に沿うようにどんどんなくなっています。(海外に制作を依存しすぎたために日本国内での制作者が激減しているのです。)うちにある機械のほとんどは古いもので、代替えの新品などなく、直しながら大切に使うしか方法がないのが現状です。

今回トラブルになったユバーサルサンダーは特に使用頻度が高く、本当になくてはならない機械。早く治って帰ってきてね。
木糸土の機械については、 こちらに詳細があります。(2009.05.18)