木糸土

オーダー家具・生活雑貨・小物のオリジナル製品作成|木糸土(mokushido)

木糸土ブログ


≫木糸土カミさん日記@伊東

■オーダー家具や小物製作例に特化
≫木糸土オーダー家具・小物製作例

■キッズ商品に特化
≫mokushido-kids

 
木糸土 mokushido


 
木工体験教室

携帯ページ

HOME»  木のバターケース»  バターケースのこと

サクラ材のバターケース

















サクラ材のバターケースを作りました。

独特の飴色、木目が美しく、ほのかな香りで、ヒバ特有の強い木の香りが苦手な方にもお薦めです。

薫製にはサクラチップが使われ、わざとそのほのかな甘い香りをつけるのだとか。

材料の調達が難しいため、お待ちいただくこともございます。


お待ちいただける方はどうぞ こちらから。(2010.02.02)


1ポンドバターケース 8ヶ月目のお手入れ

バターが無い!という騒動がきっかけでお特感のある1ポンドバターに変えてから8ヶ月。いつもは、キッチンペーパーでふいて、溝を楊枝できれいにする程度なんですが、今日は汚れがちょっと目立ってきたので洗ってみる事にしました。
まず、ぬるま湯で洗剤をつけずに、スポンジで溝などをきれいにしながら洗いました。それだけだとバターナイフの柄やバターケースに付いた手あかなどの汚れは落ちません。

そこで水だけで落ちるスポンジ(ミラクルスポンジとかべっぴんさんとかっていうのです。)を使ってみると・・・あら、あら、新品みたい!
木の香りも新しい時のように蘇りました。なんとなくしてみたお手入れでしたが結果オーライだったみたいです。サンドペーパでこすってもいいんですが、水だけで落ちるスポンジならお台所にあるものだし、便利ですよね。(2009.06.18)

=>1ポンドバターケース


バターが買えるようになりましたね。

バターが無い!という騒動もこのところ落ち着いてきたのか、普通にスーパーでおかれてるようになりましたね。

騒動以前はバターは広告の品によくでてきて1人1個の限定品でも我家では家族そうでていってまとめ買いしていました。今はまったく広告の品の顔ぶれからは消えてしまいましたね。結局は値上げしたかったんでしょうかね~!

安い時は200円くらいで買えたのに、今は360円くらいしますもんね。バターが無い騒動中、業務スーパーでは時々1ポンドバターをみかけました。(写真のような感じで箱にはいってません。)450g有塩で638円。計算してみると、通常の2倍+50gの量でお値段は2倍しません。そんなことで我家ではすっかり1ポンドバターを買うようになりました。

1ポンドのバターを買う事になってからバターケースも1ポンド用に変えててみると、通常の200g用のよりお部屋が大きいせいか冷蔵庫からとりだしてすぐでもカットしやすい気がしています。(2008.10.11)
=>1ポンドバターケース



バターケースのお手入れ

このバターケース、使ってから4年以上経っているものです。これまでは、バターを入れ替えるたびにキッチンペーパーできれいにふいて、溝についているバターやパン屑は楊枝でとっていました。

近頃だいぶ外側が手あかなどできたなくなってきたなぁと思っていましたので、バターの入れ替えを機に今日は洗ってみました。普通に食器用の洗剤でです。これだけでもきれいにはなったのですが、乾かしてから、器の外側部分だけサンドペーパの240番でさっとやすりました。するとさらにきれいになって新品みたいに。きれになると嬉しいものですね。手をかけながら、愛着をもってずっと使っていきたい、そうできるものだなぁと改めて思いました。(2008.01.18)





バターケースの香りについて

バターケースをご購入いただき、8月の上旬からお使いいただいているお客様よりバターケースの香りについてご意見をいただきました。この件について同じように感じていらっしゃるご購入者の方もいらっしゃるのではないかと思い、今回とりあげることにしました。

<お客様より>

以前こちらのバターケースを購入した者です。 どうしても木のにおいがきつく、パンに塗るのはもちろん、料理の ため加熱しても匂いが残ってしまい、かなり不評です。 モニターの方は紙をしたまま使ってあるようですが、それだと木の ケースの意味がないように思われます。 口にするものなので、許容範囲か否かは個人差が大きいのでしょう ね。 箱自体は軽く、使いやすく、清潔で申し分ありません。本当に残念 です。

<店主の返事>

ご報告ありがとうございます。 確かに米ヒバの匂いはきつく 好みの分かれる所だと思います。 現状では材木の質と価格とのバランスの取れた木は 他に見当たらないので当面 この木を使おうと思っております。 木の匂いはその樹液に有りますので時間が経てば揮発して抜けていき ます。 ただ狭い所に蓋をした状態においておいても抜けませんので 乾燥し た所に 蓋を取った状態にして三ヶ月から半年ほど置いておいてみて下さい。 直射日光は避けて下さい。また暖房機の上やエアコンの風が直接当た る所は避けて下さい。 歪んだりしてしまう恐れが有ります。 せっかくお買い上げ頂いて匂い以外は満足頂いているようですので もう使うのやーめたと仰る前に上記の方法をお試し下さい。 オイル仕上げの物は自分の好みの物になる迄に随分と手間ひまがかかる物だと 思っております。 私どもで出来るのは物を作る所迄で その後は手にしたお客様次第で 随分結果が変わって来ると思います。なにとぞ諦めずに色々お試し下 さい。(2007.11.29)


バターケース <柾目と板目>

バターケースのモニターの方々からの3ヶ月使用しての経過報告はもうお読みいただいたでしょうか?その中に、木の蓋について、木が反り返ったりゆがんでそのうち合わなくなるんじゃないかと心配したけど、大丈夫だと言う報告がでていました。

そうです。一般的に木は反ります。でも、うちのバターケースの場合、その構造や木目の選択でできるだけ狂わないように店主は考えて作っているのです。それでこの図なわけです。

これは店主自らが説明しながら書いてくれたのですがわかりますか?一番上の図が丸太を横に切った図で、木の年輪が見えます。これを縦に今度は切ると、年輪の中心側が2番目の図で板目、外側の年輪のカーブのないところが一番下の図で柾目(まさめ)です。柾目はとても貴重です。木は年輪の向きと反対方向に反ります。バターケースの蓋はこのそりにくい柾目を選んで作っているのです。底板や本体は板目を使う事も有りますが、狂いにくい構造にしてあります。どうです?また改めてバターケースを眺めてみたくなったのではないでしょうか。(2007.11.23)


1ポンドバターケース

お問い合わせをいただき、1ポンドバターケースをお作りすることになりました。まだ制作途中の写真ですが左がそれです。右は通常のバターケースです。普通のバターは200g、1ポンドバターは450gです。(昔は225gが普通のバターで半ポンドだったそうです。)

バターナイフも入れられるように作っています。でも実はこれ2個目。もちろんサイズを決めて作るんですが、出来上がってバターナイフを入れてみると、あまりキツキツピッタリよりもうちょっと余裕を持たせたほうがよさそうだったので、0.5cm幅を広げて作り直しました。はじめて作る時はこういう調整はよくあることです。ご希望の方がいらっしゃいましたら5,000円(送料別)でお作りします。サイズ以外のスペックは通常のバターケースと同じです。

そういえば、バターケースを見てお弁当箱にしたいというご注文をいただいたこともありました。なんなりと、ご相談ください。(2007.09.19)




木のバターケース

バターケースのモニター募集、たくさんの方にご応募いただきありがとうございます。うちでは、このバターケースは4年程使っています。今日は新品と4年使ったバターケースを比べてみることにしましょう。左が新品、右が4年経ったものです。4年経つと、バターの油分が全体にしみこんで、もうバターの香りしかしません。お手入れは新しいバターに入れ替える時などにたまにする程度。溝や角についたパン屑やバターを楊子でとり、あとはキッチンペーパーで全体をきれいにふいています。(2007.07.09)