木糸土

オーダー家具・生活雑貨・小物のオリジナル製品作成|木糸土(mokushido)

rss

木糸土ブログ


≫木糸土カミさん日記@伊東

■オーダー家具や小物製作例に特化
≫木糸土オーダー家具・小物製作例

■キッズ商品に特化
≫mokushido-kids

 
木糸土 mokushido


 
木工体験教室

携帯ページ

HOME»  店主の考え»  店主の歴史

店主の歴史



これまで家具やデザインに関しての店主の考えは日記に紹介してきました。
今回は店主自身のこと紹介したいと思います。

デザインを志すようになったきっかけ、
そしてデザインだけでなく制作まで一貫して作ろうとした背景など紹介します。

題して、店主の歴史。


店主は現在51歳。
小学校5年生の時にダンプにひかれるという事故にあい右足に重傷を追う。
当時サッカー好きだった少年はその道をあきらめ、その時からデザインの道を意識する。

高校卒業後インテリアデザイン学校へ進み、
卒業後デザインナーとして就職が決まりかけたところに母校の勧誘を受け講師の助手に。

その後デザイナーと作り手とにギャップが生じることを知る。
つまり、作るところまでやらないと思うようなデザインのニュアンスが伝わらないこと。
また、作る際の制限や強度面は机の上のデザインだけでは解決できないことを痛感。

そこで、デザインナーとしてだけでなく、試作までできるようになることを志す。
東急ハンズで半年間アルバイトしながら資金をため、独立のための準備をし25歳で独立、木糸土を作る。
以降、試作にとどまらず、デザインから制作まで一貫して手作りし、主にオーダー家具を作る。

仕事しやすい環境(広くて安い土地)を求め33歳の時伊東に移り住み、今の工房を作る。(2008.10.26)