木糸土

オーダー家具・生活雑貨・小物のオリジナル製品作成|木糸土(mokushido)

木糸土ブログ


≫木糸土カミさん日記@伊東

■オーダー家具や小物製作例に特化
≫木糸土オーダー家具・小物製作例

■キッズ商品に特化
≫mokushido-kids

 
木糸土 mokushido


 
HOME»  オーダー小物製作例»  100年前の古材で額縁製作

オーダー木製小物製作例 100年前の古材で額縁製作


100年前のピクルスの樽に使われていたピーラーを材料にして
注文をいただき製作した額縁の事例です。

古材額縁

古材額縁



古材額縁

写真の木は、米松とホワイトアッシュ。
米松は、普通建築材として利用されることが多いのですが、
この目の細かいものは特に『ピーラー』と呼ばれ、特別扱いされています。
左のものが、そのピーラーです。


年輪があるほど、成長が遅く、
それだけゆっくり育った木だから密度が濃く、
木としても丈夫で狂いも少ないと言えます。


このピーラー、今は市場にほとんど出回っていません。
これは、古材でお客様の持ち込みです。
100年前の木で、ピクルスの樽に使われていたものです。
この木で製作の注文をいただきました。


古材額縁

これが指示書、
中に向かって下がるように!
表面を削らずに裏目を削ってください!

とあります。

 

古材額縁

指示通り、木取りした材料。
斜めにカットされているのがわかりますか?


さて、ここで問題!
角材をどう削ったら表目を削らず、
斜めに木取りできるでしょう?

市場には出回らない貴重な材料を使った製作、
失敗は許されません。
考えてみてください。


       答えはこちら
         ↓
古材額縁


古材額縁

カットした木を添えるとこうなります。

古材額縁

四隅をきちんと合わせるのが結構難しい!
何度か調整して合わせます。

古材額縁

和ぼうきの材料を束ねたもので、こすります。
夏目は柔らかいので凹み、冬目が浮き立ちます。
その凹凸により、木目が立体的に美しくなります。
これを、『うづくり』といいます。

古材額縁

指定の柿渋の生地を額縁内側の枠にはります。

古材額縁

額縁の外枠にガラスをはめ込み,
固定して、しっかり固めます。

古材額縁

水はりテープで額縁裏側をはります。

古材額縁

だいたいできたところ、ここで依頼主にチェックいただき、
額縁の側面を汚すことに。